元気に一瞬の油断、シャファーの牙城崩せず/K-1MAX
9月4日(月)有明コロシアムで開催された『K-1 WORLD MAX 2006〜世界王者対抗戦』。第7試合で行われた、須藤元気(日本/ビバリーヒルズ柔術クラブ)vsイアン・シャファー(オーストラリア)の一戦は、約2年振りにK-1MAXのリングに帰ってきた須藤の闘い振りに注目が集まった。

黒服の男達を従えて入場した須藤は、今宵も元気ワールド全開で有明コロシアムに集まった観客を魅了した。

試合は、ゴングと同時に、須藤が腰を落として半身になる独特の構えをみせ、シャファーのパンチを被弾しながらも、得意のバックブロー、バックスピンキックをあわせる展開に。また、ラウンド終盤には、飛び膝蹴り、踵落としも披露するが、シャファーに有効打を与えるには至らず。

2R、シャファーの回し蹴りが須藤の喉元から顎を捕らえると、須藤は後ろに倒れるダウン。場内の悲鳴をよそにムクッと起き上がってみせたが、再開後、シャファーの連打に防戦一方。相手に背を向けた瞬間、レフェリーが試合をストップした。

『K-1 WORLD MAX 2006〜世界王者対抗戦』全試合結果へ