前田、勝利目前で無念のドクターストップ/K-1MAX

写真拡大 (全2枚)

9月4日(月)有明コロシアムで開催された『K-1 WORLD MAX 2006〜世界王者対抗戦』。第8試合に行われた、前田宏行(日本/BUKUROジム)vsヴァージル・カラコダ(南アフリカ/スティーブズジム)の一戦は、元ボクサー同士によるハイレベルな闘いとなった。

先手を取ったのは、ボクシング三冠王の前田。開始早々、意表をつく飛び膝蹴りから、パンチの連打で早くもカラコダからダウンを奪う。対するカラコダも、ローキックを主体に徐々に劣勢を立て直し、五分の闘いへと戻す。

2Rに入ると、序盤から激しいパンチの打ち合いをみせる両者だったが、前田が左の目尻をカット。まぶたがはれ上がり、目が見えない状態となったため、ドクターストップがかかった。前田は泣きそうな顔でリングに大の字。優勢に試合を進めていただけに、悔やまれる敗戦となった。

『K-1 WORLD MAX 2006〜世界王者対抗戦』全試合結果へ