佐藤にみた、近いようで遠い世界の頂/K-1MAX

写真拡大 (全2枚)

9月4日(月)有明コロシアムで開催された『K-1 WORLD MAX 2006〜世界王者対抗戦』で行われた、佐藤嘉洋(日本/名古屋JKファクトリー)vsアルバート・クラウス(オランダ/チーム・スーパープロ)の一戦。

試合は開始から積極的に前へ出るクラウスが、佐藤に左右のパンチを叩き込む。一方の佐藤は得意の膝蹴り、ローキックを中心に、距離を保ちながら応戦。しかし、そんな佐藤の間合いをも潰すかのように、クラウスはパンチの連打で突進。佐藤をコーナーやロープ際に何度も押し込んだ。

試合終盤には、佐藤、クラウス共に疲れが見え始め最後は消耗戦。一進一退の攻防となるも、アグレッシブに手数で上回ったクラウスが判定2-0で勝利を挙げた。

『K-1 WORLD MAX 2006〜世界王者対抗戦』全試合結果へ