女子バレーボール、ワールドグランプリ予選最終ラウンド第3日が3日、各地で行われ、日本と決勝ラウンド進出を争うアメリカはロシアとバンコク(タイ)で対戦。アメリカが1−3(22−25、25−20、11−25、23−25)でロシアに敗れたため、日本の6位以内が確定し、柳本ジャパンの決勝ラウンド進出が決まった。決勝ラウンドは、開催国のイタリアと予選ラウンドの上位5チームにより6日からイタリアのレッジョカラブリアで行われる。

 日本は3日、岡山ラウンド最終日、ここまで無敗の王者ブラジル(8勝)と再び対戦する。予選第1ラウンド(東京ラウンド)では、0−3のストレートで敗れた柳本ジャパンは、予選ラウンド最終戦で、雪辱を期す。

バレーボール・ワールドグランプリ特集