腕ひしぎ逆十地固めで勝利を収めた中村
 8月26日(土) 名古屋市総合体育館レインボーホールで開催された『PRIDE武士道-其の十二-ウェルター級GP 2ndROUND』。武士道挑戦試合と銘打たれた池本誠知(日本/TEAM Boon!) vs 中村大介(日本/U-FILE CAMP.com)の一戦は中村が終始、落ち着いた試合運びで池本をマットに沈めた。

 試合開始からスタンド、グラウンドともに関節技を意識した展開だったが2分過ぎた頃、グラウンドから池本の腕関節を捕らえ、ジワリジワリとプレッシャーをかけた。一旦は逃すものの、4分過ぎに再び腕を固め、そのまま腕ひしぎ逆十地固め。「最初の十字で(池本の)腕が伸びていた。逃げられたけど落ち着いていけた。目標は(PRIDEの)本戦で戦いたい。自分の実力というかU-FILEの実力が通用するのを証明したい」と中村は鼻息を荒くしていた。

 一方、破れた池本は「相手の技を待ってしまった。(中村は)攻めパターンがすごく強かったですね。何度でもやってみたいと思うくらい強い選手」と完敗を認めた様子。それでも、「武士道で2連敗なので相当な実績を作らないといけないが、あきらめずに出直したい」と、さらなる成長を誓っていた。

『PRIDE武士道ウェルター級GP』試合結果一覧へ