三角絞めで対戦相手を下した青木
 8月26日(土) 名古屋市総合体育館レインボーホールで開催された『PRIDE武士道-其の十二-ウェルター級GP 2ndROUND』。ライト級ワンマッチ、青木真也(日本/パラエストラ東京) vs ジェイソン・ブラック(アメリカ/ミレティッチMA)の一戦は、黄色いロングスパッツに身を包んだ青木がPRIDE初参戦ながら余裕の勝利を上げた。

 開始直後から青木ペースで試合を進め、グラウンドに持ち込むと足で相手の上半身をキッチリと固め、パンチを浴びせる。最後は三角絞めを完成させ、一気に絞め上げ勝利をものにした。初めてのPRIDEのリングだったが「楽しいっすね。修斗も好きですけど、PRIDEでやらせてもらって本当、幸せですね」と、試合後、青木は終始ニッコリ。「三角絞めは(相手がもがいたが)逃げられそうなところはなかったですね。(試合の)ダメージがないから幸せですね」と、胸を張った。

 また、PRIDE史上初となるロングスパッツでの参戦だったが「黄色いタイツ?滑らないです。相手の汗がぬるぬるして滑って、自分の技術が出せないのは悔しいので。タオル(の役目)ですね」と説明した。

『PRIDE武士道ウェルター級GP』試合結果一覧へ