バタービーンの顔面へめがけて放たれた美濃輪のドロップキック
 8月26日(土) 名古屋市総合体育館レインボーホールで開催された『PRIDE武士道-其の十二-ウェルター級GP 2ndROUND』。無差別級ワンマッチ、美濃輪育久(日本/フリー) vs
バタービーン(アメリカ/チーム・バタービーン)の一戦は、美濃輪が体格差をものともせず、”新型ヘブン”を完成させた。

 開始のゴングと同時に豪快なドロップキックを2発お見舞い。さらにグラウンドでは、サイドポジションを奪い、顔面、脇腹へヒザを打ち込み、ジワリジワリと追い込み、と最後は右腕を奪って、腕ひしぎ逆十字を完成させた。

 試合後の会見では「自分自身のプロレスラーとして、何を目指したいのか追及するためにテーマを”新型”にして、今回の形になりました。(パンツの色が)黒から始まったので、それから始めました。プロレスラーは黒タイツが基本なんで、自分の心の中に黒が入ってきた。理想のプロレスラーを目指して超人になりたい」と相変わらずの”美濃輪節”をさく裂。試合については「作戦的にはファーストコンタクトのドロップキックは決めてた。(ドロップキックで)倒すまでができたら…。ドロップキックの技術を高めたかったがダメージを与えれた」と振り返った。

『PRIDE武士道ウェルター級GP』試合結果一覧へ