「今日の試合には気持ちがありません。もう次の試合に気持ちが向かっています…」と、カーンは試合後に強気なコメント
 8月26日(土) 名古屋市総合体育館レインボーホールで開催された『PRIDE武士道-其の十二-ウェルター級GP 2ndROUND』。PRIDEウェルター級グランプリ2回戦、デニス・カーン(韓国/アメリカン・トップチーム) vs アマール・スロエフ(アルメニア/レッドデビル)の一戦は、、カーンがカウンター気味の右ストレート1発でダウンを奪い、そのままグラウンドで裸絞めを決め、快勝した。ファイナルラウンド進出を決めた。

 4強一番乗りを果たしたカーンは「自分の右のストレートは秘密兵器。それをうまく利用してキックの後にうまく右を入れられた。通常の裸締めをかけようとしたところ、相手も仕掛けてきたので片手しか使えず、片手でチョークした」と振り返った。

 また、破れたスロエフは「負けたので悪い気分です。なぜ負けたかは今の段階では分からない。でも、自分のほうから、もっと積極的にいかなければならなかった」と肩を落とした。

『PRIDE武士道ウェルター級GP』試合結果一覧へ