ブラジル戦にもリベロで出場した“かおる姫”菅山

写真拡大

ワールドグランプリ東京ラウンド◇第3日◇20日◇東京有明コロシアム
日本 0−3 ブラジル
(22−25、16−25、20−25)

 2連勝と好発進し波に乗る柳本ジャパンは、試合前まで対15連敗中の王者ブラジル相手に東京ラウンド3連勝をかけ挑んだ。しかし、どこからでもスパイクが打てる男子並みの攻撃力に加え、サーブでも変化をつけて揺さぶるブラジルの前に0−3のストレートで敗れた。高橋みゆき、菅山かおると攻守の軸はともに「個人の役割、仕事ができなかった」と完敗を認めた。

高橋みゆき
個人の役割ができていなかった。サーブレシーブで崩されてしまった。いいところと悪いところが明確になってきた。(予選ラウンドは)まだ試合があるので頑張って行きたい。

菅山かおる
リベロとしての仕事が全く出来ていなかった。ここ一本でレシーブを上げられなくって悔しいです。

柳本ジャパン、木村沙織が狙われた /ワールドグランプリ
狙われた木村沙織、「分かっていたんですが…」
柳本監督、“−2”実践できず「強豪はそこを突いてくる」
バレーボール・ワールドグランプリ特集 | フォトギャラリー