14日朝、新橋駅で停電のためゆりかもめの運転を見合わせを案内する係員。(撮影:吉川忠行)

写真拡大 (全2枚)

14日朝に東京都と千葉、神奈川県の一部で発生した大規模な停電は同日午前10時44分、最後に残った渋谷区の一部への送電が再開され、発生から約3時間で全面復旧した。

 東京電力によれば、旧江戸川を通過中のクレーン船のクレーン部が、同川の上を横切る形で張られている送電線の一部に接触、電線が損傷したことが停電原因。この接触事故で、都内の渋谷区や新宿区、江東区、江戸川区、また、千葉県の浦安市や市川市、さらに、神奈川県の横浜市や川崎市の一部で停電、約80万世帯に影響が出たほか、首都圏の交通機関が大幅に乱れた。

 最後まで停電が続いた渋谷区内では、オフィスビル2軒でエレベーターに閉じこめらた人が何人かおり、東電は「ビルの設備の安全が確認でき次第、送電再開する」としていたが、安全が確認されたため送電が再開され、無事救助された。

 事故現場は、東京都江戸川区南葛西7丁目と、旧江戸川をまたいだ東側の千葉県浦安市富士見3丁目の同社鉄塔の中間にあたる個所で、水面から約16メートルの高さの部分にかかる複数の送電線に、三国屋(みくにや)建設所有のクレーン船のクレーン部が接触し、これを損傷したもの。東京側の江東変電所(江東区)と千葉側の新京葉変電所(船橋市)を結ぶ送電線は、1本の直径が約4センチ、2系統で計24本、27万5000ボルトの電流が流れている。

 1999年11月22日には埼玉県狭山市で、航空自衛隊の航空機が送電線に接触するという事故が起き、その時も首都圏で大規模停電が発生した。送電線の接触事故について、同社の古谷聰・東電工務部長代理は「クレーンの事故は時々起きている。私どもとしては、事業者に安全面に気を配っていただくようお願いしている」と語った。

 この停電事故で、東電への問い合わせ件数は午前10時現在で約8500件が寄せられた。【了】

■関連記事
クレーン船が高圧電線を破損
1都2県停電の被害約139万軒
首都圏で大規模停電

■関連コンテンツ
NEWS GyaO