宇野薫「コレが総合格闘技です」/HERO′S 有明

写真拡大 (全3枚)

 HERO'S 2006〜ミドル級世界最強王者決定トーナメント準々決勝、宇野薫(日本/和術慧舟會東京本部) vs ブラックマンバ(インド/フリー)の試合は、宇野がチョークスリーパーで“毒蛇”マンバをタップに追い込んだ。

 一回戦で所英男を膝蹴り一発で沈めたマンバは、軽やかにダンスをしながら入場。対する宇野は、入場するとばったりとリングの上に大の字になって倒れこみ、精神統一。動と静の対照的な入場となった。

 1R、所戦の再現かに思われた。宇野がタックルに行ったところで、マンバの右ひざがジャストミート。倒れこんだところへ、マンバが拳を振り下ろす。強烈な打撃に、宇野は右眼の下をカットした。寝技に移行すると、今度は宇野がバックを獲り、両脚をマンバの胴体に絡めながらチョークを狙ったが、あごを引いたマンバの首を捕らえきれなかった。

 2Rに流血が激しくなり、ドクターチェックが入るも、宇野の動きは衰えず、マンバの長い手足をかいくぐってバックを獲ると、再びチョークスリーパー。今度はがっちりと首を捕らえた。マンバはたまらずタップ。宇野は試合後、「暑くて動きがアレでしたけど、コレが総合格闘技です」と劣勢からの逆転勝利を、観客にアピールした。

『HERO'S 2006』を写真で振り返る/フォトギャラリー
8.5 『HERO'S 2006』全試合結果へ