オリンピック出場の先に、金メダル獲得も狙うと宣言

写真拡大

 総合格闘技の「HERO'S 2006」が5日、東京・有明コロシアムで行われ、桜庭和志、所英男らスター選手が“最強”の称号を求めてしのぎを削った。会場には、先日、レスリングで北京五輪挑戦を表明した現ミドル級チャンピオン、山本“KID”徳郁も訪れ、レスリングへの熱い思いをファンに向かって語った。

 山本はリングに上がると、満員の客席に向かって「今回は試合できなくてすんません。試合に出れなかった理由は、ガキの頃から目指してたレスリングのオリンピック出場、今しかできないんで。練習もレスリングに絞ってやってて、でもレスリングだけでやっていけるほどHERO'Sは甘いもんじゃないから。3Rずっとタックルしてるのもまずいかなって。これからオリンピック目指して頑張るんで、応援よろしくお願いします」と挨拶。さらに「金は大好きなんで、金獲りに行きます」と金メダル獲得を宣言した。

『HERO'S 2006』を写真で振り返る/フォトギャラリー
8.5 『HERO'S 2006』全試合結果へ