7月30日、真駒内アイスアリーナで開催された『FieLDS K-1 WORLD GP2006 in SAPPORO』。チェ・ホンマンに対し、2連敗と後がない曙。今宵、3度目の闘いに挑んだ。

202kgと発表された曙は、ゴングと同時にリングを大きく一周。時折、ジャブを見せるが、ホンマンの的確なストレートが曙の顔面を捉えると、1R終了間際には、スリップながらも足払いの様な左のローで曙を倒し、更にはジャンピングニーパットの様な膝蹴りも披露した。

2R。両者、攻めに転じる展開となったが、ホンマンが膝蹴り、左フックを叩き込むと、曙の動きが完全にストップ。最後は左フック、右ストレート、左フック2発でKO。2R57 秒、ホンマンが実力差を誇示するような豪快KOで勝利を挙げた。

『K-1 WORLD GP2006 in SAPPORO』全試合結果へ