勝利を収めた三崎を肩車で祝福する郷野

写真拡大 (全2枚)

 8月26日(土) 名古屋市総合体育館レインボーホールで『PRIDE武士道-其の十二-ウェルター級GP 2ndROUND』が開催され、日本人2選手を含む4選手、郷野聡寛、三崎和雄、パウロ・フィリオ、デニス・カーンが見事な勝利を挙げ、11月5日のウェルター級GPファイナルラウンドへとコマを進めた。

 開幕当初は日本人選手全滅の可能性が強いと目されていた同大会。しかし、この日、出場した3選手のうち、郷野、三崎は下馬評を覆す快挙を果たした。

 また、ワンマッチではPRIDEライト級戦線の絶対王者、五味隆典がフランスのデビッド・バロンをスリーパーで仕留めて完全復活。“チーム茨城”の石田光洋、桜井“マッハ”速人、川尻達也の3人も揃って勝つなど日本勢が存在感を示した。大会を運営するDSEの榊原信行社長は「PRIDEを今までやってきて、『日本人、強いな』とここまで感じさせられた試合はなかった」と総括していた。

全試合結果は下記の通り。

PRIDE武士道に出陣する“あの選手”のブログをチェックせよ!!!


『PRIDE武士道-其の十二-』
12.ライト級ワンマッチ
○五味隆典
(日本/久我山ラスカルジム)
1R7分10秒
裸絞め
詳細はコチラ
デビッド・バロン×
(フランス/フレンチコネクション)
11.PRIDEウェルター級グランプリ 2回戦
○三崎和雄
(日本/GRABAKA)
2R
判定3-0
詳細はコチラ
ダン・ヘンダーソン×
(アメリカ/チーム・クエスト)
10.PRIDEウェルター級グランプリ 2回戦
○郷野聡寛
(日本/GRABAKA)
2R4分17秒
腕ひしぎ逆十字固め
詳細はコチラ
ゲガール・ムサシ×
(オランダ/レッドデビル・インターナショナル)
9.PRIDEウェルター級グランプリ 2回戦
×長南亮
(日本/チームM.A.D)
1R2分30秒
腕ひしぎ逆十字固め
詳細はコチラ
パウロ・フィリオ○
(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
8.PRIDEウェルター級グランプリ 2回戦
○デニス・カーン
(韓国/アメリカン・トップチーム)
1R4分09秒
裸絞め
詳細はコチラ
アマール・スロエフ×
(アルメニア/レッドデビル)
7.無差別級ワンマッチ
○美濃輪育久
(日本/フリー)
1R4分25秒
腕ひしぎ逆十字固め
詳細はコチラ
バタービーン×
(アメリカ/チーム・バタービーン)
6.ライト級ワンマッチ
○桜井“マッハ”速人
(日本/マッハ道場)
1R6分35秒
TKO
詳細はコチラ
ルシアノ・アゼベド×
(ブラジル/ヘノヴァサオン・ファイト・チーム)
5.ライト級ワンマッチ
○石田光洋
(日本/T-BLOOD)
2R
判定3-0
詳細はコチラ
クリスチャーノ・マルセロ×
(ブラジル/シュート・ボクセ・アカデミー)
4.ライト級ワンマッチ
○川尻達也
(日本/T-BLOOD)
1R0分29秒
KO
詳細はコチラ
クリス・ブレナン×
(アメリカ/N・G・ファイティングアカデミー)
3.ライト級ワンマッチ
×帯谷信弘
(日本/総合格闘技木口道場チームラスカル)
2R
判定0-3
詳細はコチラ
ギルバート・メレンデス○
(アメリカ/J・シールズ・ファイティングチーム)
2.ライト級ワンマッチ
○青木真也
(日本/パラエストラ東京)
1R1分58秒
三角絞め
詳細はコチラ
ジェイソン・ブラック×
(アメリカ/ミレティッチMA)
1.ライト級ワンマッチ
○日沖発
(日本/ALIVE)
2R
判定3-0
詳細はコチラ
ジェフ・カラン×
(アメリカ/チーム・カラン)
武士道挑戦試合
△阿部裕幸
(日本/AACC)
2R
時間切れ引き分け
詳細はコチラ
松下直揮△
(日本/MB3z)
武士道挑戦試合
×池本誠知
(日本/TEAM Boon!)
1R3分12秒
腕ひしぎ逆十字固め
詳細はコチラ
中村大介○
(日本/U-FILE CAMP.com)