「グラウンド上で“有利だった”とか“不利だった”とかは一度も感じたことはないが、今さら何を言っても始まらない。最終的な判決を待つしかない」とACミランのオランダ人MFクラレンス・セードルフ(30)がカルチョ・スキャンダルに対する自身の見解を語った。またチェルシーに移籍したウクライナ人FWアンドリー・シェフチェンコ(29)について「彼の抜けた穴は大きい。毎シーズン20ゴールを決めていた選手がいなくなってしまったのだから、我々全員でFWを助けなければならない」と気を引き締めて語った。