KID、須藤の不在で混沌とするミドル戦線。日本人の砦となるのは?
22日、都内ホテルにて『HERO'S 2006〜ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント』の記者会見が行われ、20日に発表されたライトヘビー級トーナメントに加え、ミドル級トーナメントの組合せも決定。大会を2週間後に控え、ミドル&ライトヘビー、8試合が出揃った。

この日、会見に参加したのは、谷川貞治K-1イベントプロデューサー、前田日明HERO'Sスーパーバイザーに、ミドル級トーナメントに出場が決まっている宇野薫に、高谷裕之、所英男。会見の冒頭では、谷川プロデューサーから、須藤元気が首のヘルニア再発により欠場となることが発表された。須藤は練習こそ行っているものの、今も左手が痺れているという。

KID、須藤の欠場により、ミドル級トーナメントに関しては、推薦枠が3つとなり、ファン投票の結果、所英男、高谷裕之の繰上げ出場が決定。残る一人に関しては、K-1MAXで活躍する安廣一哉となった。気になる組合せについては、宇野薫vsブラック・マンバ、所英男vsアイヴァン・メンジバー、高谷裕之vsJ.Z.カルバン、安廣一哉vsハニ・ヤヒーラと発表された。

■各選手のコメントは下記の通り

宇野「また、HERO'Sに出場でき光栄です。前回もいい形で勝ったで、今回も思い切りぶつかって一本取れるような試合をしたいと思います」

所「前回、ブラック・マンバ選手にKO負けしているんですけど、選んでもらった以上は精一杯頑張ります」

高谷「今回はベスト8からの途中出場ということで感謝しています。ベスト8に恥じない闘いをしたいと思います」

山本“KID”徳郁が北京五輪出場へ人生最大の挑戦!

HERO'S記者会見をフォトギャラリーでチェック!
20日の会見の模様はコチラ
8.5 『HERO'S 2006』対戦カード決定!