三度歓喜の勝利なるか?ボビーが昨年末以来のK-1参戦!
7月30日、真駒内アイスアリーナで開催された『FieLDS K-1 WORLD GP2006 in SAPPORO』。アンディ・フグ7回忌追悼イベントとなった本大会。真駒内アイスアリーナは、8390人の大観衆で埋まった。

注目の一番、ボビー・オロゴン vs 藤本祐介の一戦は、ボビーがK-1ルールと総合ルールを混同。再三、藤本を投げ飛ばした上、最後は判定負けという不本意な結果となったものの、他の試合では熱戦が連続。

敗れはしたものの“日本のエース”武蔵が悲壮なファイトを展開。グラウベ・フェイトーザを相手に正面から打ち合い“大和魂”をみせた。また、一年振りのK-1リングとなった曙は、チェ・ホンマンに呆気なく敗北。両者の実力差は、この一年で更なる広がりをみせていた。その他、全試合結果は下記の通り。

今後のK-1WGPシリーズは、8月にラスベガス大会を開催し、9月30日には、大阪城ホールでいよいよGP開幕戦を迎える。


K-1 WORLD GP2006 in SAPPORO
8.REVENGE MATCH/K-1ルール3分3R延長1R
○グラウベ・フェイトーザ
(ブラジル/極真会館)
3R
判定3-0
詳細はコチラ
武蔵×
(日本/正道会館)
7.REVENGE MATCH/K-1ルール3分3R延長1R
○チェ・ホンマン
(韓国/フリー)
2R57秒
KO
詳細はコチラ
曙×
(日本/チーム・ヨコヅナ)
6.REVENGE MATCH/K-1ルール3分3R延長1R
×マイティ・モー
(アメリカ/シャークタンク・ジム)
3R
判定0-3
詳細はコチラ
レミー・ボンヤスキー○
(オランダ/メジロジム)
5.REVENGE MATCH/K-1ルール3分3R延長1R
○ピーター・アーツ
(オランダ/チーム・アーツ)
3R
判定3-0
詳細はコチラ
ゲーリー・グッドリッジ×
(トリニダード・トバゴ/フリー)
4.スペシャルマッチ/K-1ルール3分3R延長1R
×ボビー・オロゴン
(ナイジェリア)
3R
判定0-3
詳細はコチラ
藤本祐介○
(日本/MONSTER FACTORY)
3.チャレンジマッチ/K-1ルール3分3R延長1R
○ポール・スロウィンスキー
(オーストラリア/Fユニムエタイジム)
3R
判定
※3-0
富平辰文×
(日本/SQUARE)
2.チャレンジマッチ/K-1ルール3分3R延長1R
○ビヨン・ブレギー
(スイス/ボスジム)
1R2分35秒
KO
※右膝蹴り
中迫剛×
(日本/ZEBRA244)
1.チャレンジマッチ/K-1ルール3分3R延長1R
×フレディ・ケマイヨ
(フランス/ファウコンジム)
3R
判定
※0-3
天田ヒロミ○
(日本/コシ・トラスト)
オープニングファイト/K-1ルール3分3R延長1R
○内田ノボル
(日本/ビクトリージム)
2R1分16秒
KO
右ロー
力丈×
(日本/大誠塾)
フレッシュマンファイト/K-1ルール3分3R延長1R
○野田貢
(日本/シルバーアックス)
2R30秒
KO
※右フック
高萩勉×
(日本/チーム・ドラゴン)