高橋の気持ちを打ち砕く、衝撃の秒殺勝利を挙げたベウフォート
PRIDE〜無差別級GP 2ndROUNDの第3試合では、ワンマッチとして、高橋義生(日本/パンクラスism) vs ビクトー・ベウフォート(ブラジル/フリー)の一戦が行われ、プロボクサー並みの打撃能力を持つベウフォートがわずか1R36秒KOという早業で高橋をマットに沈めた。

立ち上がりこそ、距離を保ちながらの打ち合いだったが、ジワリと高橋をコーナーへ追い詰めると、ベウフォートは左右のフックを続けざまに繰り出し、最後は強烈な左フック。これが完璧に決まり、高橋はヒザから崩れ落ちた。敗れた高橋は過去のPRIDEで2戦2敗だっただけに、必勝を期していたが、見せ場もなく野望を打ち砕かれる形となった。

PRIDE〜無差別級GP 2ndROUND 試合結果一覧へ