フィニッシュは、ハントの顔を両足で固めてのアームロック
PRIDE〜無差別級GP 2ndROUNDのセミファイナルでは、ジョシュ・バーネット(アメリカ/フリー) vs マーク・ハント(ニュージーランド/オシアナスーパーファイタージム)の一戦が行われた。

試合は、バーネットが両足でハントの顔面を固定してのアームロックでタップを奪う圧勝。見事、準決勝進出を果たした。

ハントは得意の打撃を出せないまま、試合の流れを掴むことができずに無念の敗戦。一方のジョシュは、文句なしの完勝に試合後も“舌好調”。「ハントのことは好きだから、殴られても良かったがすごく早く試合が終わった」と余裕タップリ。さらに「この試合でケガをした選手は、次までにケガを治してください。でも、自分がその傷を広げるので覚悟してください」と、未知の相手を挑発してみせた。

PRIDE〜無差別級GP 2ndROUND 試合結果一覧へ

吉田vsミルコを写真で再現‐PRIDEフォトギャラリー
PRIDE無差別級GPベスト4決定!優勝者は誰だ?‐緊急アンケート