魔裟斗 因縁の小比類巻戦を制す!/K-1 MAX
K-1 WORLD MAX 2006、第1試合ではトーナメント一回戦・魔裟斗(日本/シルバーウルフ) vs 小比類巻貴之(日本/チーム・ドラゴン)の一戦が行われた。試合前から舌戦を繰り広げてきた両者。本大会注目の大一番は、入場式後、いきなり実現することになった。
リラックスした表情で時折笑みを見せる小比類巻に対し、右腕を突き上げ、気合いの入った表情で入場する魔裟斗。リングに上がると、小比類巻と拳を合わせる。

それぞれの応援シートに座るファンもヒートアップ。凄まじい歓声の中、ゴングが鳴り響く。

1R、いきなり距離を詰めた小比類巻は鋭い前蹴りを放つと、魔裟斗はローキックから目の覚めるようなジャブを小比類巻の顔面にヒットさせる。入場時同様、両者の一挙手一投足に大歓声が沸き起こる。1R中盤には小比類巻が前蹴りからのローキックで魔裟斗のバランスを崩すも、終盤、魔裟斗がパンチのコンビネーションで優勢となる。

2Rに入ると、足技を使いたい小比類巻に魔裟斗がパンチの手数を増やし、距離を詰める。これに対し、小比類巻も左のフックを多用し、打ち合いを挑む。壮絶な打撃戦は一進一退のまま、勝負は3Rへ。

3R、魔裟斗の伸びのあるワンツーに、小比類巻は鋭い前蹴り。これが魔裟斗にクリーンヒット。思わず後退する魔裟斗に、追い討ちを掛けようとする小比類巻が追いかける。しかし、魔裟斗は残り1分、左のボディブローから、膝蹴り、左のジャブで小比類巻からダウンを奪う。小比類巻はなんとかカウント9で立ち上がるも、残り時間は少なく3R時間切れ。判定で魔裟斗が勝利。試合後は、お互いの健闘を称えあった。

K-1 WORLD MAX 2006 試合結果一覧へ

魔裟斗 フォトギャラリー