TATSUJI、大打撃戦を気迫で制す/K-1 MAX
K-1 WORLD MAX 2006、第5試合ではスーパーファイト・TATSUJI(日本/アイアンアックス) vs 白須康仁(日本/花澤ジム)の一戦が行われた。

パンチからのロー、踏み込んでのインローと先手を取った白須だったが、TASTUJIも白須をコーナーに詰めてパンチを連打。強引に流れを引き寄せる。2Rに入ると、両者一歩も引かず、激しい殴り合いを展開。3Rに入り、白須も得意のローキックや、左フックをクリーンヒットさせて見せ場を作るも、パンチの手数と的確さで上回ったTATSUJIが打撃戦を制し、判定3-0で勝利を挙げた。

K-1 WORLD MAX 2006 試合結果一覧へ

魔裟斗 フォトギャラリー