・【前編はこちら
【速報】7月のPRIDEで吉田、藤田の仰天カードを発表!

(文面をみながら)契約を解除された状態ですが、守秘義務もありますので、お話できないこともありますが、フジテレビさんからは“信用、品位、イメージに対する保持、配慮をドリームステージが怠った”ということで、自分も思いあたる節がありません。

ただ、(週刊現代に)心無い、事実無根の記事を書き続けられたこと。その報道では、フジテレビさんの品位は傷つけられたと思います。しかし、その記事に関しては事実無根なんですね。捏造された記事によってもたらされた損失だと思っています。反社会勢力と付き合いがあると作り出された状態で、契約の解除がされたとなると納得が出来ません。

しかしながら、フジテレビさんに対する憎しみ、恨みは湧ききっていないという側面もあります。間違いなく、フジテレビさんの社会に対する影響力を考えると、今回の記事が事実無根であったとしても、無視できなかったんであろうと思います。ある種、フジテレビさんも被害者であったんだろうと。

週刊現代の発行人、編集人、川又誠也氏を既に刑事告訴しているのに併せて、民事も視野に入れていきます。神奈川県警から強制捜査が出たという事実や、職員に対して、逮捕状が出ているということも全くありません。この場を借りて“ない”ということを表明させて頂きたいと思います。

今後は弁護士を通じたかたちでの協議になりますが、お互いの誤解やボタンの掛け違いだと思います。また、(今後)フジテレビさんと共に働くことがあれば、素晴らしいことだと思います。

“フジテレビの放送中止でPRIDEが潰れてしまうのではないか?”とのことですが、ファンの方、マスコミの方、ひょっとしたら、僕の下で働いている社員も思っているかもしれませんが、PRIDEが潰れることは断じてないと宣言します。会場に足をくれているファンがいる限り、PRIDEは潰れません。これからも、これまで通り、終始一貫、観たい人が観れる有料でのスカイパーフェクTV!もあります。テレビの番組の為のソフト作りではなくて、生で観たいというファンの人達と共に共有できるソフトを作っていきますので、一般の人達に向けてのプロモーションはダウンしますが、皆さんの応援と熱い熱がある限り、PRIDEは存続します。

週刊現代に対しては、実名入りで記事も書かれて本当に辛いです。全部受け止めて、命掛けでPRIDEを守りますので応援して下さい。
これまで以上に、我々、本当に頑張ってやりますので、応援宜しくお願いします。

【速報】7月のPRIDEで吉田、藤田の仰天カードを発表!
PRIDE記者会見の模様を写真でチェック!