アドウェイズは、デクスターと業務提携、携帯電話向けゲーム「Promised Land」においてゲーム内広告の販売を開始すると発表した。

 「Promised Land」は無料でプレイ可能な携帯電話向けRPG。手に入れたアイテムをゲーム内アイテムか現実の商品として変換可能な「アイテム変換型広告」という形でゲーム内広告が行われているが、今後はアドウェイズの運営するモバイルアフィリエイト「Smart-C」の広告が「Promised Land」にて提供されることになる。「Smart-C」は既に862社が使用しており、「Promised Land」の会員14万人への訴求効果が期待されるという。

 「Second Life」をきっかけに注目されるゲーム内広告、ゲーム内のアイテムと現実で使えるクーポンなどを融合させた「アイテム変換型広告」は新たな可能性の一つとして認知されることとなりそうだ。

■関連リンク