三崎和雄 vs フィル・バローニ/PRIDE武士道

写真拡大 (全3枚)

ウェルター級GP2006一回戦、メインイベントで行われた三崎和雄 vs フィル・バローニの一戦。

 決定打こそ欠いたものの、三崎がメーンイベンターに相応しい闘いで判定勝ちを収め、長南、郷野に続き日本人3人目のウェルター級GP2回戦進出。

 開始早々に、飛びヒザ蹴りをヒットさせ会場を沸かせた三崎。しかし、その後は一進一退の攻防が続き、2Rに入ってからもこう着状態だったが、要所を押さえ、3-0で判定勝ちとなった。試合後には、マイクを握り締め「みなさん、日本人は強いんです」と絶叫。さらに「決勝戦は同門対決で、郷野さん、俺とここで闘いを」と、郷野をリングへ。さらに郷野が長南をリングへ上げ、3人でガッチリ握手を交わしていた。

PRIDE武士道ウェルター級GP 試合結果一覧へ