Developed by devCat Copyright (c) Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved.
 ネクソンジャパンは26日、正式サービス2周年となる生活系MMORPG「マビノギ」の大型アップデートを実施し、新要素を追加したことを発表した。

 今回追加されたのは、3種類目の種族「ジャイアント」とそれに関連したマップやスキルなど。ジャイアントは雪原に住む巨人で、槍を投げる「投擲」、地響きで相手を止める「ストンプ」などの特殊能力のほか、生えている木をなぎ倒してそれを振り回して攻撃するという、野性味あふれる戦闘スタイルが特徴となっている。

 そんなジャイアントが生息する雪原は、「ビシス地方」と呼ばれる新たなマップ。ジャイアントの村「バレス」、氷でできた迷宮「バルダーダンジョン」などがあるほか、新たなモンスターや動物たちが冒険者を待ち受けている形だ。

 そのほか、初めの大陸「ウルラ」のティルコネイルにも、「釣りバイト」など新要素を追加。そのほか、雑貨屋に布を作ることのできる機織が追加されたり、個人商店を開ける場所を増設したり、安価で商店を開ける「ベビン個人商店許可証1号」も追加されている。

 また、人間とELFの顔パーツが追加。人間は、「鼻が高い顔」、「可愛い顔」、「大人っぽい顔」、「真剣な顔」が選択できるように。エルフは耳の形や顔にペイントされた文様を選択できるようになるほか、目や髪型などのパーツも多数追加されている。

 そして、自動的に合奏を行なう「合奏アクション」が追加。これまではプレーヤーが各自で演奏してタイミングを合わせるという、合奏は非常に難しいプレーだったが、今後はこの合奏アクションを利用することで、一糸乱れぬ三重奏、四重奏を楽しめるようになる。

 魔法関係では、パーティーを組んだ仲間とタイミングを合わせて異なるボルト魔法をチャージすることで、両属性を備えた魔法を打ち出せるようになった。また、魔法に使用するワンド(杖)を改造できるようにも。それにより、魔法の攻速チャージが可能になる「チェーンキャスト」や魔法詠唱時のマナ消費量を抑える「共鳴」などの改良も可能となっている。

 最後は、「オスラのランダムボックス」のリニューアル。同アイテムは、開けると中からさまざまなアイテムが飛び出すというものだが、出現するアイテムの内容と確率の調整がなされた。さらに、片手用の日本刀シリーズ「打ち刀」、「村正」、「脇差」、「吉光」を追加されている。

■関連ニュース
Shoot it! - #028 スペシャルフォースへの招待
R.O.H.A.N、新バージョンでの追加変更点を発表
バルビレッジ、新システム「ミラクルルーム」を実装
ネオスチーム、アップデート第二弾「RvR 体験クエスト」などを実装!
ラグナロクオンライン、ネカフェで買える「パワーアップチケット」の正式販売を4月26日より開始