Operaは、任天堂Wiiにおいて、2007年4月13日(金)より「インターネットチャンネル」の正式版をリリースしたと発表した。

 Wiiにはインターネットに接続する機能が用意されているが、PCではなくWii上からホームページなどを閲覧できるインターネットブラウザが「インターネットチャンネル」。

 これまでテストが行われてきたが、正式版では、ホームページ全体を拡大する「ステップズーム」やGoogleなどのサーチエンジンをすぐに呼び出せる「検索ボタン」、複数のポインタを表示できる「複数カーソル」機能が追加。この他にも応答速度の向上などの改善が加えられている。

 2007年6月30日(土)までは無料でのダウンロードが可能で、その後の使用も無料となっている。正式版のリリースで、これまでよりも手軽にインターネットが閲覧できるようになったWii、リビングからの接続で、インターネットがより身近なものとなりそうだ。

■関連ニュース
メイプルストーリー、「全国縦断 オフラインゲームパーティー」は明日から開催
Xbox360で人気の「ロスト プラネット」がPCで登場! NVIDIAとカプコンのタッグに注目
ビッグショット、正式サービスがスタート!
IGDA日本、ゲームにおける次世代CG表現のセミナーを4月28日に開催
さくらインターネット、DDO・LotRoの両方が月額2000円で遊べる「プレミアムプレイチケット」を発売