スタートでワンツー体制を築いたルノー/(C)EFE

 チャンピオンが圧倒した。F1スペインGP決勝レースは14日、カタルニア・サーキット(バルセロナ)で行われ、フェルナンド・アロンソ(ルノー)が、ポール・ポジションから他を寄せ付けぬスピードを見せつけ、今シーズン3勝目、通算11勝目を挙げた。

 公式予選で1、2体制を築いたルノーは、スタートで、ミハエル・シューマッハ、フェリペ・マッサのフェラーリの2台に前を譲ることなく、レースの主導権を握る。さらに、燃料を多く積み、1回目のピットストップを延ばしたミハエルに対して、アロンソはヨーロッパGPとは同じ鉄は踏まないとばかりに、1周ごとに差をつけていき2回のピットストップも完璧にこなした。そして、そのまま安定した走りで、今季3度目のチェッカーフラッグを受けた。

 逆にフリー走行から順調だったミハエルは1回目のピットストップで、ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)を抜くのが精一杯。フィジケラが3位に入った事により、コンストラクターズ・ポイントでも、ルノーとフェラーリの差は広がった。

 予選で好位置につけていたトヨタは、チームメイト同士で接触するなどふるわず、ポイント獲得はならなかった。一方、ホンダ勢は2台合計で5ポイントを獲得した。佐藤琢磨(スーパーアグリ)は17位だった。

 次のレースは伝統のモナコGP。ルノーがまたも強さをみせつけるのか。フェラーリが巻き返すか。いずれにしても、今シーズンのタイトル争いはこの2チームが中心に動いて行きそうだ。

決勝レース結果 - livedoor カーライフ