14日、ホーム・オリンピコで行われるパルマとの最終戦で一部のラツィオサポーターが試合観戦(前半戦)をボイコットする予定にしていることが判明した。このボイコットはラツィオのオーナー、クラウディオ・ロティートが一連の審判操作の裏取引に関わっている可能性があることに対する抗議行動として。ラツィオはナポリの捜査当局から事情聴取を受けており調査は今後も続く見通し。