HERO'S初参戦のヤヒーラ、判定勝利でトーナメント準々決勝進出

写真拡大 (全3枚)

HERO'S 2006ミドル級世界最強王者決定トーナメント一回戦、上山龍紀(日本/チーム・キングス)vs ハニ・ヤヒーラ(ブラジル/アタイジジュニア柔術)。

アブダビコンバット準優勝や日本でもDOGで中原太陽、MARSで矢野卓見から勝利を奪った強豪ヤヒーラを相手に、上山はレガースを着用し試合に臨む。

試合は開始早々、ヤヒーラがタックルでテイクダウンに成功。バックに回りスリーパーを狙うも、ここは上山はディフェンス。 しかし、ヤヒーラが再びテイクダウンに成功すると上四方で押さえ込み、スピニングチョークの要領で絞め技を狙う。

2R、上山はヤヒーラを押し倒すとガードポジションからパウンドを放つ。ヤヒーラも負けじとフロントチョークを狙うが、上山は巧みにポジションを入れ替え、サイドポジションに。それでもヤヒーラは下から腕ひしぎ十字固め、膝十字と変幻自在にサブミッションを仕掛けていく。最後は判定2-0でヤヒーラが勝利をあげた。

5.3 『HERO'S 2006』全試合結果一覧へ