28日、新宿御苑の100周年記念式典で挨拶する小泉首相。(撮影:東雲吾衣)

写真拡大

東京都新宿区の新宿御苑で28日、同苑完成100周年記念式典が開催された。同式典では自然環境の功労者へ表彰が行われたほか、100周年を祝って小泉純一郎首相や小池百合子環境大臣が挨拶に立った。

 新宿御苑は1906年に完成した明治時代を代表する近代西洋庭園。周囲3.5キロの苑内では、歴史的な建造物や希少な植物を楽しめる。

 小泉首相は「花を見ることは誰でも心が和むもの」と15日に開かれた「桜を見る会」での感想を引き、「多くの人の憩いの場として発展していくことを期待している」と話した。

 レセプションパーティーでは、環境に配慮した食器が使用された。タピオカで作られており、使用後は土に返るという。【了】