電通とデジタルハリウッド大学院は、2007年2月下旬に「セカンドライフ研究会」「セカンドライフ研究所ジャパン」を設立すると発表した。

 オンラインゲーム「セカンドライフ(Second Life)」は、様々なビジネスチャンスを内包した仮想世界ということで話題を呼んでいるが、「セカンドライフ研究会」「セカンドライフ研究所ジャパン」は「セカンドライフ」世界内に設立され、日本企業と日本人に対するサービス向上の研究及び、「セカンドライフ研究会」参加企業のコミュニケーション活動をサポートする。

 具体的には「セカンドライフ研究会」は日本企業・団体のための情報交換や課題の研究を行い、「セカンドライフ研究所ジャパン」は「セカンドライフ」の日本普及を促進するための技術開発や企業の出展を支援するコンサルティング、デザイン開発やコンテンツ開発を行うといった活動を展開していくとのこと。

 オンラインゲームに訪れた新たな波「セカンドライフ」。これまではタブーとされてきた現実の金銭を伴うゲーム内活動も「セカンドライフ」内では自由に行うことができる。とかくオンラインでの商活動がタブー視される日本だが、「セカンドライフ」が、この風潮に風穴を開けることができるか否かが注目される。

■関連ニュース
テイルズ オブ エターニア オンライン、「バレンタインウェディング」イベントを開催
真・三國無双BB、2月14日に「春節アップデート」を実装
PSO、DC版とGC版の配信を3月31日で終了
ドリームベースボール、3月1日よりアイテム課金制へ移行
ビッグショット、2月9日よりオープンベータテストを開始