3月17日(土)、3月18日(日)は「太秦戦国祭り」へ
 京都の東映太秦映画村では、2007年3月17日(土)、3月18日(日)に「太秦戦国祭り」イベントが開催される。

 ゲームやアニメ、コミックといったメディアを「オルタナティブ戦国メディア」と名付け、これを盛り上げるというのが「太秦戦国祭り」の主旨。コスプレイベントや戦国関連のグッズや同人誌販売、戦国音楽ライブといったイベントが行われるほか、3月17日(土)には、「オルタナティブ戦国メディア」の作者を招いての講演が開催される。

 講演では戦国テーマのアクションゲーム「戦国BASARA」のプロデューサーであるカプコンの小林裕幸氏や、コミック「ブレイド三国志」を描く漫画家の真壁太陽氏らが登場。「戦国コンセプトのコンテンツビジネスとその魅力」をテーマとしてセッションやパネルディスカッションが行われる。開催日時は3月17日(土)13時30分〜16時で、受付は2月1日(木)より公式サイトにてスタート。参加費用は無料で、予定数は150名となっている。

 ゲームやコミックなどで勢いにのる「オルタナティブ戦国メディア」に焦点を当てたユニークな視点のイベントとして、若い世代から注目を集めそうだ。

●詳細
○第一部 登壇者による講演セッション(13:30〜15:30)
 テーマ: 新世代戦国エンターテインメント開発の軌跡 
鈴木智博氏:月間PV24万の戦国コンテンツ総合ポータル『戦国魂』のプロデューサー
真壁太陽氏:マンガ家 代表作に『ブレイド三国志』(コミックガンガン)
小林 裕幸氏:『戦国BASARA』シリーズプロデューサー

○第二部 登壇者によるパネルディスカッション:(15:40〜16:00)
テーマ:新世代戦国エンターテインメントの展望
 モデレータ:中村 彰憲(立命館大学 映像学部就任予定者)

■関連ニュース
グランドチェイス、チャンネル導入などのアップデートを実装
ハンゲーム、パターゴルフゲーム「パパットゴルフ」の提供を発表
メイプルストーリー、「春一番まつり」を開催!
ラグナロクオンライン、プライズ展開を発表
Halo 3、マルチプレイヤーパブリックベータプログラムの募集を開始

■関連リンク