左は認証プログラムのロゴ、右はモジュール
 インテルは24日、「Centrino Duoモバイル・テクノロジー」搭載ノートPCなどに利用される無線LAN製品モジュール「Next-Gen Wireless-N ネットワーク・コネクション」を発表した。同技術が搭載されたノートPCは1月末のWindows Vista発売に合わせて順次出荷が開始されるという。

 Next-Gen Wireless-Nネットワーク・コネクションは、Wi-Fi標準規格IEEE 802.11n(ドラフト)準拠の技術で、従来の製品に比べ最大5倍の性能と約2倍の無線接続範囲を実現しているという。また、既存のIEEE 802.11n(ドラフト)対応製品と比較して、ノートPCのバッテリー持続時間を最大1時間延長することが可能だとしている。

 さらに、同社はAsus、Belkin、Buffalo、D-Link、Netgearなどの主要アクセス・ポイントベンダーと提携し、相互運用性と性能を高める「Connect with Centrino」プログラムを開始すると発表した。同プログラムでは、Next-Gen Wireless-N ネットワーク・コネクションを複数のアクセスポイントと動作検証。検証に合格したアクセスポイントは、製品パッケージに「Connect with Centrino」のマークが表示されるため、ユーザーは信頼性の高いネットワーク製品を選択しやすくなるとしている。

■関連ニュース
アップル、無線LANの新規格「IEEE802.11n」に対応した新たな「AirMac Extreme」を発表
NECアクセステクニカ、Draft IEEE 802.11nに対応した最大130Mbpsのルータを発売
バッファロー、ドラフト802.11nを採用し実効スループット80Mbpsのアクセスポイント
ブロードコム、IEEE 802.11nドラフト仕様に準拠した初めてのチップセットなどを提供
米Intel、4つの無線LAN規格に対応したRFトランシーバを開発