韓国版ECOが登場
 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、MMORPG「エミル・クロニクル・オンライン(ECO)」において、2007年1月17日(水)より、韓国でのクローズドβテストを開始したと発表した。

 韓国クローズドβテストの規模は3,000人。期間は1月17日(水)〜1月21日(日)の5日間で、16時〜22時まで一日6時間のプレイが可能となっている。

 「ECO」はガンホーが運営するMMORPG。いわゆる「萌え絵」を再現した可愛らしいキャラクターと豊富なコスチューム、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」とのコラボレーションアイテムなどが話題となっている。

 ガンホーは今回の韓国展開に関し、『今後もハートフルをテーマにした「エミル・クロニクル・オンライン」の世界を多くの国々に広げていくとともに、ガンホーの海外展開を着実に推し進めてまいります。』とコメントしている。

 全体的に「萌え」に傾倒しているのが日本ゲーム界。「萌え」を前面に押し出した「ECO」が韓国でどのように受け入れられるか、注目すべきケースとなりそうだ。

■関連ニュース
ASUS、OCでFSB2,296MHz/メモリクロック1,300MHzを記録! Intel P965搭載ハイエンドマザー「COMMANDO」
Xbox360「ロスト プラネット エクストリーム コンディションの出荷数が100万本を突破
Shoot it! - #14 MMORPG「A3」が創設するプロゲーマー制度とは?(後編)
スカッとゴルフ パンヤ、1月19日発売のパッケージ版限定特典を公開
ラグナロクオンライン、「200万ID突破!感謝祭!」第二弾を開催