Copyright (C) 2006 Rocksoft Co., Ltd.,(C)Copyright RoC Works Co.,Ltd. All rights reserved. / Published by RoC Works Co.,Ltd.

写真拡大 (全2枚)

 ロックワークスは、MMORPG「デコオンライン(DECO ONLINE)」において、「2007年問題」と題した運営方針を公開した。

 「デコオンライン」は2006年12月に運営がロックワークスへ移管されたばかり。「2007年問題」では、プレイヤーの意見をもとに「GMレンタル制度」とアンケートの活性化が発表された。

 新たに創設された「GMレンタル制度」では、翌月予定のユーザーイベントにGMがサポートを行う。イベントの賞品を少し豪華にできるほか、GMブログでイベントを宣伝したり、会場の天候を変化させることができる。申し込みはヘルプデスクからメールを出せばOK。初の「GMレンタル制度」は1月17日(水)〜1月23日(水)が申込期間で、GM参加日程は2月7日(水)〜2月18日(日)となる。GMのサポートでイベント企画も立てやすくなりそうだ。

 また、今後は月一回アンケートをとり、内容をゲーム内に反映させていくとのこと。
「2007年問題」はまだ続きがあるようなので、移管されたばかりのゲームをどのように運営していくかが注目される。

■関連ニュース
ロックワークス、MMORPG「九龍争覇」の国内展開を発表
オンラインゲーム一週間「新作ラッシュの陰で終わりを迎えた期待作」
ドラゴンジェムプラス、「キャラクター育成キャンペーン」を開催
ロックワークス、MMORPG「十二之天」の国内サービスに関する契約締結を発表
デコオンライン、アップデートPhase-3に関する情報を公開