今年も開催する黄金のミドル級最強を決める闘い!

写真拡大 (全3枚)

 5月3日(祝・水)国立代々木競技場第一体育館で開催された『HERO'S 2006』。
 この日は、山本“KID”徳郁が僅か4秒でのKO勝利を挙げ、今大会より始まったミドル級世界最強王者決定トーナメントでは“本命”所英男がまさかの敗戦、更には高田道場を退団したばかりの桜庭和志が予告なくリングに登場するなど、格闘技界を震撼させる程の驚愕の連続となった。

 メインイベントで行われたスーパーファイト、山本“KID”徳郁vs宮田和幸は、KIDがゴングと同時に助走をつけ飛び膝蹴りを放つ。するとこれが宮田にクリーンヒット。この一撃で宮田は失神KO。4秒という歴史的試合タイムでの決着に、KIDは大喜び。リングを飛び跳ね、ご満悦の表情をみせた。

 また、休憩時間明けリングに登場した前田日明HERO'Sスーパーバイザーが「歴戦の猛者を紹介します」とアナウンスするや、入場ゲートにはタイガーマスクをかぶった“日本格闘技界の救世主”桜庭和志の姿が現れる。蜂の巣を突付いたような騒ぎで場内が沸き返る中、桜庭はリングに上がると前田SVと握手を交わし、HERO'S参戦をアピールしてみせた。桜庭のHERO'S電撃参戦は“心の問題”とされ、前田SVは、桜庭が本来望む体重、対戦相手での試合を提供すると明言。
「PRIDE、K-1関係なしに、総合という場で活躍できる場を与えたいし、(総合を)永久に続いていくようなビッグメジャースポーツにしたい」と語り、業界のパイオニアとして格闘技に対する親心ものぞかせた。その他、全試合結果は下記の通り。

格闘技界激震!桜庭和志HERO'S電撃参戦!

HERO'S 2006
9.スーパーファイト/HERO'Sルール
○山本“KID”徳郁
(日本/KILLER BEE)
1R4秒
KO
詳細はこちら
宮田和幸×
(日本/フリー)
8.スーパーファイト/HERO'Sルール
○秋山成勲
(日本/フリー)
2分25秒
KO
詳細はこちら
永田克彦×
(日本/チーム・キングス)
7.HERO'S 2006ミドル級世界最強王者決定トーナメント一回戦
○宇野薫
(日本/和術慧舟會東京本部)
2R4分36秒
チョークスリーパー
詳細はこちら
オーレ・ローセン×
(デンマーク/Untamed)
6.HERO'S 2006ミドル級世界最強王者決定トーナメント一回戦
×所英男
(日本/リバーサルジム)
1R43秒
TKO
詳細はこちら
ブラックマンバ○
(インド/フリー)
5.HERO'S 2006ミドル級世界最強王者決定トーナメント一回戦
×門馬秀貴
(日本/和術慧舟會A-3)
1R2分8秒
TKO
詳細はこちら
J.Z.カルバン○
(ブラジル/アメリカントップチーム)
4.HERO'S 2006ミドル級世界最強王者決定トーナメント一回戦
×上山龍紀
(日本/チーム・キングス)
2R
判定
詳細はこちら
ハニ・ヤヒーラ○
(ブラジル/アタイジジュニア柔術)
3.HERO'S 2006ミドル級世界最強王者決定トーナメント一回戦
×中原太陽
(日本/和術慧舟會GODS)
2R
判定
詳細はこちら
アイバン・メンジバー○
(カナダ/トリスタージム)
2.スーパーファイト/HERO'Sルール
×曙
(日本/チームヨコヅナ)
2R3分50秒
フロントチョーク
詳細はこちら
ドン・フライ○
(アメリカ/フリー)
1.スーパーファイト/HERO'Sルール
○アントニオ・シウバ
(ブラジル/FIGHT CO.)
1R2分49秒
TKO
詳細はこちら
トム・エリクソン×
(アメリカ/フリー)
オープニングファイト/HERO'Sルール
○浜中和宏
(日本/フリー)
1R1分22秒
アームロック
詳細はこちら
WAKASHOYO×
(日本/Team Paon)