ジェンソン・バトン(ホンダ)

写真拡大 (全6枚)

 F1世界選手権第3戦オーストラリアGP、アルパートパーク・サーキット。1日12時(日本時間)に公式予選がスタートした。今年から予選方式が変更になり計3回に分けて行われ、最初の2回でそれぞれタイム下位6台が切り捨てられる。

 第一ピリオドでは、井出有治(スーパーアグリF1)が度々コースアウトする場面が見られ、コース上で止まってしまったために、赤旗で一時中断となる。再開後、各マシンが一斉にタイムアタックを行ったが、ここでルーベンス・バリチェロ(ホンダ)が前の車に引っ掛かり、タイムを残せず17位で脱落。スーパーアグリF1は、佐藤琢磨が21位、井出が22位で脱落した。

 12時23分、第2ピリオドがスタート。フェリペ・マッサ(フェラーリ)がコースアウトによりクラッシュし16位で脱落。残り2分となったところでコース上には雨が落ち始め、その時点で11位だったミハエル・シューマッハ(フェラーリ)はタイムアタックを諦め、ここで脱落となった。

 12時49分、最終ピリオドがスタート。この時点でのトップタイムはフェルナンド・アロンソ(ルノー)だったが、残り5分を切った所で続々とトップタイムが塗り替えられる。最後にトップに立ったのはジェンソン・バトン(ホンダ)、2位ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)、3位アロンソ、4位キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)、5位ファン・パブロ・モントーヤ(マクラーレン・メルセデス)という結果になり、ホンダをルノーとマクラーレン・メルセデスが追う形での決勝レースのスタートが決まった。ルノーの連勝を阻むのは誰か。

 決勝レースは、明日2日13時(日本時間)にスタートとなる。

公式予選結果 - livedoor カーライフ