就職したいが、子どもがいるためになかなか仕事探しができない女性向けに、厚生労働省は27日、子ども連れでも来所しやすく、個々のニーズに応じた就職支援を行う「マザーズハローワーク」のオープンを発表した。

 マザーズハローワークは、子育てをしながら早期の就職を希望している人を対象とした就職支援サービス。担当者(要予約)によるきめ細やかな職業相談や、各人の希望や適正に添った個別の求人開拓の実施のほか、地方公共団体等との連携による保育所や子育て支援サービスに関する情報の提供などを行う。また、施設には、キッズコーナーやベビーチェアを設置し、子どもと一緒に来所できる環境になっている。

 同サービスは、札幌、仙台、千葉、渋谷、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡、北九州の12都市で4月1日から順次スタートする。

■関連リンク
厚生労働省(マザーズハローワーク詳細)