“絶対王者”五味隆典が帰ってくる!なるか PRIDE11連勝!?
 4月2日(日)有明コロシアムで開催された『PRIDE 武士道-其の拾-』。メインイベントでPRIDEライト級王者の五味隆典が伏兵のマーカス・アウレリオに破れる大波乱が起こった。試合後の会見で、五味は「無期休養」を宣言。武士道を支え続けてきたプレッシャーによる精神的疲労を告白した。この日はジェンス・パルヴァー、ヨアキム・ハンセンらライト級のトップファイターらが見事な勝利を挙げ、その実力を示したため、ライト級戦線は大混乱。熾烈な星の潰し合いが予想され、今後も目が離せない展開となりそうだ。

 また、身長差55センチという異色のカード、美濃輪育久−ジャイアント・シルバの一戦は、美濃輪が鮮やかな前転タックルからグラウンドの膝蹴りで快勝。無差別級GP出場へ大きく前進した。
 階級を落とし、スピード強化を図り好調を維持してきた近藤有己は、ウェルター級初戦で痛い黒星。フィル・バローニの猛攻の前に25秒で敗れる結果となった。
その他、全試合結果は下記の通り。



PRIDE武士道−其の拾−
11.対戦決定カード
×五味隆典
(日本/木口道場レスリング教室)
1R4分34秒
肩固め
詳細はこちら
マーカス・アウレリオ○
(ブラジル/アメリカン・トップチーム)
10.対戦決定カード
×三崎和雄
(日本/GRABAKA)
2R
判定0-3
詳細はこちら
ダン・ヘンダーソン○
(アメリカ/チーム・クエスト)
9.対戦決定カード
○美濃輪育久
(日本/フリー)
1R2分23秒
TKO
詳細はこちら
ジャイアント・シルバ×
(ブラジル/フリー)
8.対戦決定カード
×近藤有己
(日本/パンクラスism)
1R25秒
KO
詳細はこちら
フィル・バローニ○
(アメリカ/ハンマーハウス)
7.対戦決定カード
○郷野聡寛
(日本/GRABAKA)
1R9分
腕ひしぎ十字固め
詳細はこちら
キム・デウォン×
(韓国/正進MMA GYM)
6.対戦決定カード
×ムリーロ・ニンジャ
(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)
2R
判定0-3
詳細はこちら
パウロ・フィリオ○
(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
5.対戦決定カード
×ルイス・アゼレード
(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)
1R 7分9秒
KO
詳細はこちら
ヨアキム・ハンセン○
(ノルウェー/フロントライン・アカデミー)
4.対戦決定カード
○デニス・カーン
(韓国/スピリットMC)
1R4分55秒
ギブアップ
詳細はこちら
マーク・ウィアー×
(イギリス/グロスター・レンジ・ファイティング)
3.対戦決定カード
×アライケンジ
(日本/パンクラス)
1R3分59秒
KO
詳細はこちら
ジェンス・パルヴァー○
(アメリカ/チーム・エクストリーム)
2.対戦決定カード
○石田光洋
(日本/T-BLOOD)
1R2分29秒
フロントチョーク
詳細はこちら
ポール・ロドリゲス×
(アメリカ/アメリカン・トップチーム)
1.対戦決定カード
×池本誠知
(日本/TEAM Boon!)
2R
判定0-3
詳細はこちら
イーブス・エドワーズ○
(アメリカ/サード・コラム・ファイトチーム)