WBA世界フライ級4位の亀田興毅(19=協栄)が8日、東京・両国国技館でWBC世界同級13位のカルロス・ボウチャン(25=メキシコ)とノンタイトル10回戦を行い、6回2分20秒にKO勝ちを収めた。亀田は、これで無傷の10連勝。世界タイトル獲得に向け、弾みをつけた。