高阪剛(日本/チーム・アライアンス)vsマリオ・スペーヒー(ブラジル/BTT)。
格闘技人生最大の勝負を懸ける高阪とBTT総帥スペーヒー、実力者同士の対決を制し無差別級GP出場を果たすのはどちらか?

1R:高阪のセコンドには高橋義生、宮川博孝、渡辺悠太の姿が。試合は、開始からパンチを放って突進する高阪にスペーヒーもパンチで応戦。序盤から激しい打撃戦となるが、ここでスペーヒーの右フックが高阪にクリーンヒット。腰が落ち後退する高阪だったが、スペーヒーの追撃を許さず、組み付くや払い腰で反撃。しかし、意外にもグラウンドでの展開を嫌がり、スクッと立ち上がってスタンドへ戻ると、高阪は右のフックでスペーヒーからダウンを奪う。高阪は崩れ落ちたスペーヒーの側頭部に、追い討ちをかけるパンチの連打で鮮やかな逆転KO勝利を収めた。

試合後、マイクを持つと泣き崩れる高阪。涙を腕で拭うと「自分は今までホント大勢の人に支えられたお陰でここまできました。いつも練習してくれる仲間達、応援してくれる皆さん、どうもありがとうございました。また、ちょっと分かりませんけど、もし出れるのであれば5月のトーナメント、これを最後に選手を引退致します。だからもう一回だけ力を貸して下さい。お願いします」と衝撃の決意を述べた。これには吉田も「まさか引退を発表するとは思ってもいませんでした」と語った。

高阪は5月の無差別級GPのリングで自身最後の闘いに挑む。

【PR】高阪自ら指導を行うオフィシャルジム『A-SQUARE
会員募集中!

『PRIDE.31 -Dreamers-』全試合結果へ