2月26日、パシフィコ横浜で開催されたプロボクシング・スーパーフライ級6回戦に、亀田三兄弟の次男、大毅(17/協栄)が出場。タイのサマート・シットサイトンを相手に、23秒左フックからのKOで圧勝。自身のデビュー戦は、兄、興毅の44秒KO記録を上回る試合タイムとなった。

 試合後には、18番ハウンドドッグの『Only Love』を熱唱。最後までファンを喜ばせた。

対戦者サマート、大毅の挑発に激怒
大毅 デビューの花道は五条大橋
大毅ド派手花道