女子テニスツアーの東レ パン・パシフィック・オープン第3日は2日、前大会の覇者マリア・シャラポワ(ロシア)がシングルス2回戦に登場、予選から勝ち上がったリサ・レイモンド(アメリカ)と対戦した。スコアは、セットカウント2−1(6−4、6−4)で勝利し、準々決勝に進んだ。また4年ぶりの日本の公式戦となった元女王マルチナ・ヒンギス(スイス)の試合は、(4−6、7−5、6−2)セットカウント2−1という内容でナタリー・ドシー(フランス)に逆転勝ち。明日はマリア・キリレンコ(ロシア)と対戦する。

・会場/東京体育館
・優勝賞金総額/US$1,300,000(約1億5,000万円)
・試合内容/トーナメント方式

▼ No.1〜No.3
女子シングルス2回戦・第3日
 シャラポワ 6−4、6−4 レイモンド

▼ No.4〜No.6
女子シングルス2回戦・第3日
 ヒンギス 4−6、7−5、6−2ドシー

▼ No.7
女子シングルス2回戦・第3日
 ミスキナ 6―4、6―4 クーカロバ

▼ No.8
女子シングルス2回戦・第3日
 キリレンコ 6―4、6―4 イワノビッチ


◇関連記事
東レ・パンパシフィック・オープン  フォトギャラリー Vol.1 - livedoor スポーツ