国際国際自動車連盟(FIA)は26日、鈴木亜久里氏(45)が代表を務める新チーム「スーパーアグリF1」の2006年シーズンのF1参戦を認めると発表した。これに伴い、BARホンダを離れた佐藤琢磨(28)が同チームに加入することが確実となった。ついに「純日本のF1チーム」が現実のものとなる。

 同チームは昨年10月にFIAにF1参加を申請したが、登録手続きの不備により12月にFIAが発表した「エントリー・リスト」から漏れ、再申請を行っていた。