ガス供給をめぐって現在険悪な空気にあるロシアとウクライナだが、ミランのFWシェフチェンコは問題解決に一肌脱ぐ構えがあることを示した。シェフチェンコはウクライナ代表のシンボルだが、ロシアでも絶大な人気を誇る。現地の記者は「彼がモスクワに来れば人びとはこぞって会おうとするし、声をかけようとする。こんなことはここでは考えられない」と、シェフチェンコがウクライナ国民にとってだけでなくロシア国民にとっても誇りであることを強調した。シェフチェンコは「僕は自分のことをウクライナの外交官だと思っている。モスクワで人びとから称賛を得ることは特別なことだよ。ウクライナはもちろん、ロシア、イタリアのファン全員に感謝しているんだ。W杯では東欧すべてを代表するつもりで精一杯やるよ」と語っている。