大学生がハマる出会いアプリ 詐欺集団が暗躍するリスクも

写真拡大

「マッチングアプリ婚です」という結婚の報告を聞くようになった。お見合い紹介業や結婚関連事業を手がけてきた大手企業だけでなく、新興のIT企業なども複数参入し使い勝手や安全性を競いあった結果、マッチングアプリは市民権を得た状態だ。しかし、そのマッチングアプリ内で詐欺が多発しているという。ITジャーナリストの高橋暁子さんが、身のまわりの出会いよりマッチングアプリを好む理由、それを利用した詐欺が起きている背景について解説する。

この記事のその他の写真

 * * *
 マッチングアプリの利用率は上がる一方だ。Facebookや電話番号など比較的簡易な本人認証の仕組みが整っているものが多いため、従来の出会い系サイトより信頼性が高いと言われている。アプリによっては公的な身分証明書が必要なものもある。

 最近は、大学生の間でよく利用されているという。大学生は若いし出会いも多いのではと考えるが、彼らに尋ねるとリアルの同級生や知り合いと恋愛関係になるのを避ける傾向があるようだ。都内の大学に通う女子学生は「SNSでつながっているから過去とかも全部わかってるし、元カレもその前の彼もみんなわかっている。別れたら人間関係に影響するからやりづらい。アプリなら別れても影響しないからやりやすい」という。

 今の大学生はSNSネイティブであり、ネット経由で出会うことに抵抗感を持たない世代でもある。「(恋人が作りたいという)目的が同じだからマッチングしやすいし便利。アプリを使っている友だちも多いし、デートしている子もいる」(前出の女子大学生)と言い、後ろめたさを感じさせない。

 別の大学生は、「学内でアプリを立ち上げたら、(学内の)知り合いが表示されてすぐに閉じた」という。多くのマッチングアプリには、スマホの位置情報を利用して近くにいるユーザーを表示させる機能があるため、このようなことが起きる。もちろん、リアルの友人とアプリ上で出会わないために、多くのアプリはFacebookでつながっている友だちは表示しないという機能を持つが、それでも結構な数のユーザーが表示されるのだ。

◆トラブルが多いマッチングアプリ

 一方、マッチングアプリではトラブルも多発している。ある調査結果などでは、利用者の約半数が、マッチングアプリにまつわる何らかのトラブルに遭った経験があるという。

 多いのは、見た目の詐称、つまり顔写真が原因のトラブルだ。プロフィル写真を加工しすぎていたり、他人の写真を使っている例もあるようだ。「若い頃の写真を使っていたようで、会ったらほとんど別人だった」という声もある。

 多くはFacebookや電話番号のみで登録できるので、現実とは違う経歴を自称してもチェックされることはない。対面で出会うよりも素性を偽りやすいため、独身と偽った既婚者が混じっていたり、年収が話と違ったという例もある。

 とはいえ、マッチングアプリはアプリごとに恋活・婚活など目的が明確なので、真剣に交際を考えている人と出会いやすいところがメリットでもある。一方で、そのようなアプリでもやはり遊び目的のユーザーも少なくないようで、「いきなり関係を求められて、断って逃げ帰るのが大変だった」という女性もいた。

◆マッチングアプリで詐欺が多い理由

 マッチングアプリには、真剣な交際を始めたい人たちが集まっているのだが、実は、詐欺まがいの行為が多発している場所でもある。多いのは、ネットビジネスや怪しい宗教の勧誘をされる例だ。

 アプリでマッチングされた二十代女性と趣味の話がはずみ、実際に会いましょうと約束したレストランに出かけた三十代の会社員男性は、「デートのはずが、話が変な方向に。気づいたら、商品の勧誘をされていて、ネットビジネスだとわかって逃げた」と語る。「儲かる」という話で多額のお金を出させる例も多く、典型的な副業詐欺と言えるだろう。

 ある女子大学生は、関係が深まりそうだと気を許したタイミングのデートで、相手と決裂することになってしまった。「相手と会っている時に友人を呼ばれて、宗教の勧誘をされた。がんが治るなど、荒唐無稽としか思えない御利益の話ばかりが続くので興味がないと断ったら切れられて、なかなか帰れなくて困った」のが、その人と最後の思い出になってしまった。

 なぜSNSではなく、マッチングアプリで強引な勧誘や詐欺行為をするのだろうか。各アプリをみると女性は無料でも男性は有料のサービスが多い。ならば詐欺などの無理がある話を持ちかけるのは女性ばかりなのかといえば、男性が主体となっているケースもとても多い。彼らにとって、マッチングアプリで得られるチャンスは、お金をかけてでもつかみたいほど価値があるようだ。正攻法では誘えないと勧誘側が自覚しているようなネットビジネスや宗教の場合、直接会うところまでもっていくことが難しいものだ。しかし、マッチングアプリならSNSに比べて格段に、狙ったカモに対面できる機会を得られる。

 SNSは基本的に会うことが前提となっていないため、対面できるところまでもっていきづらい。ところが、マッチングアプリは恋活や婚活が目的のため、リアルで顔をあわせることを前提としたメッセージのやりとりから始まる。「会いましょう」と持ちかけることも不自然ではないし、むしろ相手から誘われることも普通に起きる。SNSでの誘いに比べると、会うまでの敷居がとても低いのだ。

 詐欺グループの多くは、いったん出会って相手に気を許させたあと、マッチングアプリではなく、LINEなど別の手段で直接、連絡を取りましょうと持ちかけてくる。マッチングアプリ内部のメッセージやりとりは有料なものが多いため、便利にしてくれると思うかもしれない。しかし、二人の関係をアプリの外へと早く持ち出そうとするその誘いには、別の目的がある。

 多くのマッチングアプリでは、アプリ上でやり取りをしていた場合、運営会社がメッセージなどを監視している。問題あるユーザーだと判断されると、その人には何らかのペナルティが課され、強制退会処分などにしてくれるのだ。つまり、自分の前だけでは行儀良く取り繕っていても、不審な言動を運営が発見して正体を晒してくれるのだ。だが、早々に二人の関係がアプリの外側だけになってしまうと、監視の目が行き届かない。

 二十代の会社員女性は「会った後に問題ある人だとわかったが、LINEなどを交換していたのでしつこくて困った」という体験を語ってくれたもしアプリで連絡を取り続けていれば、嫌な思いをせずに疎遠に出来たはずだ。

◆直接会った後は通常の詐欺と変わらない

 前述したように、マッチングアプリは運営会社がアプリ内でのユーザーの動きを監視したり、ある程度の身元を確認しているため、出会い系サイトと比べると安全性が高いと言えるだろう。

 しかし、リアルで相手と直接会った後には、通常の出会いと同じリスクが待っている可能性がある。2019年2月には、男がアプリ上で知り合った複数の女性からお金を騙し取る事件が起きている。デートの後、財布を落としたと言ってお金を騙し取っていた。男は偽名を使い、職業や年収なども偽っていた。

 現実の日常生活だけでは出会いが難しいが恋愛や結婚などを望む人たちにとって、マッチングアプリは有用なものだ。しかし、オンラインでも会った後もリスクはある。個人情報は相手が信頼できると確信できるまで教えすぎない、会う時間も昼間に設定し、二人きりになることは避けて会うなどの工夫が必要だろう。

 アプリでの情報交換で、とても気が合うと感じても、それはあくまでも画面越しのものだ。SNSでの書き込みと、そのアカウントの本人に会った時に印象が食い違うように、アプリでの印象は現実の本人のごく一部分しか見えないものだ。よく知らない人との関係を探している現実を忘れず、万一に備えて安全性を確保した状態でやり取りしたり、会ったりするようにしてほしい。