衆院は6日、与野党全会派が共同提出した丸山穂高衆院議員に対する糾弾決議を全会一致で可決しました。丸山氏は欠席しました。国会議員への糾弾決議は今回が初めてです。

 同決議は、「北方四島交流」に参加中に丸山氏が戦争で島を取り返すべきだなどと憲法の平和主義に反する暴言を繰り返したほか、禁じられていたにもかかわらず、過剰に飲酒し、夜間外出を企て同行政府職員に制止されたことなどの行為について、「北方四島交流事業の円滑な実施を妨げる威力業務妨害とも言うべき行為」であり、衆院の権威と品位を著しく失墜させたと糾弾。衆院として「国会議員としての資格はない」と断じ、「ただちに、自ら進退について判断するよう促す」と議員辞職を迫っています。

 当初、野党が議員辞職勧告決議案を、与党が譴責(けんせき)決議案を提出。議運委への政府の報告で、交流訪問の際の丸山氏の常軌を逸する言動の具体的事実関係が明らかになりました。

 これに対し丸山氏は、衆院議院運営委員会理事会の事情聴取に「体調不良」を理由に応じず、与野党の決議の動きを批判する弁明書を提出し、開き直る姿勢をとってきました。

 このため、与党も辞職を求める姿勢に転じ、与野党全会派が丸山氏に「進退」を迫る糾弾決議案を提出するに至ったものです。