「缶飯」は全6種類あります=吉野家提供

写真拡大

 吉野家が先月末に発売した非常用保存食「缶飯」が、ネット上で注目を集めています。1缶あたり約800円という価格ながら、ご飯も一緒になっていて「かなり需要あると思う」といった声も上がっています。開発の経緯を聞きました。

【画像】全6種類の中身はこちら。牛丼、豚丼、焼鶏丼、牛焼肉丼、豚生姜焼丼、焼塩さば丼のそれぞれを紹介

「缶飯」6種類

 吉野家公式通販ショップで5月31日に販売を開始した「缶飯」。

 ラインナップは牛丼、豚丼、焼鶏丼、牛焼肉丼、豚生姜焼丼、焼塩さば丼の6種類。

 内容量はそれぞれ160gで、賞味期限は製造日を含めて3年、常温保存が可能です。

 お米は高機能玄米「金のいぶき」を使用しており、味付けは実際にお店で提供している、もしくは提供していた商品と同じものを目指したそうです。

 6種類を1缶ずつ詰めたセットと、各缶を6缶ずつ詰めたセットがあり、いずれも価格は税込み4860円。発売直後から注文が相次ぎ、牛丼6缶セットなど売り切れになっている商品もあります。

担当者に聞きました

 これまで「冷凍牛丼の具」は販売してきましたが、常温ですぐに食べることができる缶詰は初めての試みだそうです。

 「お湯をわかすこともままならない状況でも、おなかにたまってパワーとなる『即食系ご飯』のニーズが高いと思っていました。『金のいぶき』に出会ったことで開発につながりました」

 そう話すのは外販事業本部商品企画室の小山田宗冬さんです。

 実際にお店で提供している、もしくは提供していた商品に焼塩さば丼を加えた理由については、「牛・豚・鶏の3畜種と魚をラインナップしたかったから」とのこと。

味付けに苦労

 開発にあたって苦労したのは、やはり味つけでした。

 「玄米を使用している特性上、味がなじむまでに約1カ月かかります。試作と修正を繰り返し、販売までに約2年かかりました」

 初回準備分のうち、6種6缶セットと牛丼6缶セットは販売開始から2日で完売。

 話題になったことについては「かなりの反響で驚いています。こんなにも注目をしていただけてありがたいことです」と話していました。