ハワイの森で女性遭難、17日ぶりに救出

写真拡大

[25日 ロイター] - ハワイの森林保護区にハイキングに出たまま17日間行方不明となっていたヨガ・インストラクターの女性が、無事保護された。小川の水を飲み、植物を食べて命をつないでいたという。

この女性、アマンダ・エラーさん(35)は、今月8日にマウイ島の森林に入り、車に戻ろうとしたところ、森の奥へと入り込んでしまったという。家族が要請した救助ヘリが24日午後、エラーさんの車から数キロ離れた渓谷にいるところを発見した。

ヘリに乗った捜索隊は記者団に「神のご意思により、彼女はそこにいた。信じられない」と語った。

エラーさんは靴を履いておらず、栄養失調の状態。足を骨折し、ひざの半月板を損傷していたほか、日焼けと擦り傷があった。検査のため病院へ搬送され、現在は自宅へ戻ったという。