Image: Canon

チェキに超手強いライバル登場…!

CNET Japanによると、キヤノンから「撮って」「すぐに」「プリントアウト」できるカメラ機能付きプリンターが2種類リリースされました。コンパクトでシンプル、用紙がシールになっているので、プリクラ感覚でペタッとできるし良さそうですよ〜。

「iNSPiC ZV-123」(キヤノンオンラインショップ価格:1万7880円)と「iNSPiC CV-123」(同:1万2880円)は、内蔵カメラによって、撮影した写真をその場で現像できるプリンターです。

Image: Canon

インクと紙が一体の「Zero Ink Technology」を採用した専用のフォトペーパーを使い、プリントは楽々。先にも触れていますが、用紙はシール紙なのでノートにペタッとできちゃいます。

iNSPiC ZV-123のみスマホからのプリントにも対応しているので、スマホで撮った写真をその場でプリントアウトすることも可能。スマホ非対応のCV-123との差額は5,000円程度なので、私ならZVを選ぶと思います。

Image: Canon

サイズは一般的なスマホくらいの大きさだから、旅のお供にもピッタリ。私は旅先の思い出を旅ノートにまとめているのですが、これが結構大変。でもiNSPiC ZV-123があれば、宿でプリントアウトしてペタッとできるので、帰宅後にコンビニでプリントアウトしたり、パンフやチケットと格闘する時間もセーブできそう。

Image: Canon

また、衣類管理でも大活躍してくれるでしょう。私は、ファッションブロガーで絶大な人気を誇る、ミランダかあちゃんの「クロゼットマップ」をやろうと思っているのですが、写真撮影→小さくプリントアウト→貼り付け作業という一連の流れが億劫で中々進まずにいました。でも、iNSPiC ZV-123があれば捗りそう! 

スマホ対応のiNSPiC ZV-123は6月6日発売で、パールホワイトとマットブラックの2色展開。スマホ非対応のiNSPiC CV-123は7月発売予定で、ホワイトのみです。

Source: CNET Japan, Canon